似顔絵と一緒に思い出を残そう

大切な記念日に似顔絵は最適です。

似顔絵というのは、リアルの人物(動物)を漫画化したものだと聞いたことがあります。
というのも、すべてにおいてソックリに描く必要がありません。
パーツパーツを見比べていけば、何一つ似ていないこともよくあります。
それでも、似顔絵を見て「その人ソックリだ」と思ってしまうのは、その人の特徴を漫画化しているからです。
漫画というのは、キャラクターの特徴を前面に出してきます。
目が大きいキャラクターなら顔を3分の1・2分の1まで目が占めています。
太っているキャラクターならより太って見えるように、アゴがしゃくれてるキャラクターは必要以上にアゴが出ています。
このように漫画ではキャラクターの特徴を強調に描いていくのです。
それが似顔絵にも通じるところがあるのです。
細身ならより細身に、出っ歯なら出っ歯を強調していくのです。
個人の見た目の特徴を個性だと捉えそれを長所として強調させていくことこそが似顔絵の極意なのだと思います。